備忘録

ビットコインとテスラ株のインフレが止まらない

コロナが流行してからというものビットコインとテスラ株の上昇が全然止まらない。

これはもうハイパーインフレでスタグフレーションが到来している感じがする。

ビットコインはとうとう4万ドル(日本円換算: 400万円)に到達しちゃってるし、なんなら時価総額でFacebookを抜いてしまったらしい。

なにげにビットコインは6~8万ドル(日本円換算: 600 ~ 800万円)までいくと予想をしています。

ここまで達すると、新型コロナが発生する前のビッコインは日本円換算で60~80万円だったのでテンガバーを達成します。

ただ、ビットコインの弱点ともいうべきポイントは税制上不利なことと貯蓄の保存に向かないってところですね。

今から持つならイーサリアム(ETH)かな。Defi(分散型金融)で使う暗号通貨で今ホットなトピックです。

(去年ビットコインの代わりにイーサリアムを購入したんですけど、メタマスクの操作に失敗して元のアカウントにログインできなくなり引き出せなくなってその失敗体験を引きずっています。その当時は1ETH=35,000~42,000円の時代でしたので今だったら3倍に跳ね上がっているんですね。)

テスラに関しては米国の財政緩和とバイデン株なので下落する要因は全くないので無敵だと思う。

多分、それぞれの要因は

ビットコイン

  1. 国の規制が掛からない
  2. 国が財政緩和し続けて、個人のお金が暗号通貨に流れる

テスラ株

  1. 国の財政緩和
  2. バイデン株(クリーンエネルギー)
  3. イーロン・マスクの存在

こんな感じでしょう。

アフターコロナの流行で人々が混乱すると物価が上昇し続けるのだと思う。

この物価上昇は何もマネーゲームである投資だけではない。

去年はマスクの物価が急激に上昇したし、イソジンもその影響ですし。

こんな感じでこういう災害が発生して、その終息がまだ見えない場合は物の価値がどんどん上がることが分かりました。

去年の話ですが国があの時マスクの転売を規制しなかったらどこまで値段が上昇したんだろうってのも気になりますね。

終わった話ですけど。

ABOUT ME
tamappe
都内で働くiOSアプリエンジニアのTamappeです。 当ブログではモバイルアプリの開発手法について紹介しています。メインはiOS、サブでFlutter, Android も対応できます。 執筆・講演のご相談は tamapppe@gmail.com までお問い合わせください。