ポエム

時代はテキストから動画へ変わろうとしているのかもしれない

こんにちは。Tamappeです。

今回は、最近Youtubeの動画ばかり見ている話をします。

どんな動画を視聴しているかというと、専ら家電系のレビュー動画を見ることが多いです。今年、引っ越したばかりの新居で今まで適当にしてきた「掃除」の分野をハックするためにどんな家電を購入すべきかの検討材料のために他人のレビュー動画を見てます。そう、Amazonのレビューと同じように動画のレビューを見てるんですね。

実際にやっていることは、Youtubeで「xxx おすすめ」と検索して出てきた動画をクリックして短い動画を見ています。プログラマを生業にしていると、欲しい動画を見つけるためのキーワードが思い浮かびやすいのがいいですね。約10分から20分ぐらいの動画が多いです。

それで購入した家電は

  • 骨伝導イヤホン (Aftershokz)
  • ドラム式洗濯機 (日立のビックドラム)
  • 掃除機 (dysonのコードレス掃除機)

です。dysonのv10のslimじゃない方を購入しました。

この他にも

  • ハンディークリーナー (アイリスオーヤマ)
  • トラックボールマウス (logicool)
  • モバイルディスプレー
  • お風呂用シャワーヘッド (Rainy)

など今年の後半に掛けて色々なものを購入しました。

検索で出てきた動画を全て見るには時間が足りないので、自分なりの条件を絞ってみていますね。傾向としては、以下のポイントをチェックしてから実際に動画を視聴しています。

  • チャンネルの登録者数
  • 動画の視聴者数
  • コメント数

逆に言えば、これらの数字が十分になければその動画を視聴しなくなりました。

もともとは「テキスト派」の私でしたが、年齢が若くなくなったのか健康を意識するようになったのか意図的にレビュー動画といった「動画の情報」を検索するようになっていた。

昔は有り余る体力と持て余していた時間を十分に活かして、Google検索でテキストの情報ばかりを追っていたのにね。仕事が終わったら寝るまでずっとテキストを読んでいられていたのに本当にビックリです。

今では圧倒的に「テキストを読む時間」が減りました。

動画の弱点は膨大で貴重な「時間」を奪われることと油断したら「アニメの動画」に切り替わることです。動画の情報を追っていたのにいつの間にかアニメを観ているなんて事もあって振り返ると後悔する日もあります。ですが、テキストを読むよりかは目の負担が少ないことと、頭での理解は断然違います。

ただ動画に慣れてしまうと、テキストを読めなくなるリスクはやっぱりある。これはいつか昔ホリエモンが言っていた話だけど、動画を読むユーザーはテキストを読めないという話と少なからずリンクしていると思う。テキストを読めないってそんな馬鹿な話ないでしょうと思われるかもしれないけれども、これは事実ではある。正確にはテキストは読めるんだけれども、テキストの意味を理解できていないという感覚に近い。

たとえば、新しい家電製品を購入したとする。すると、製品の箱には当然あの長ったらしいマニュアルという名の説明書が付いてきますよね。人はその説明書をしっかり読まずにその製品を使ってしまうんですね。説明書を読んでも使い方を理解できない場合もこのケースに含まれます。仮に購入者全員が付属の説明書を確実に読んでその使い方を理解できる世界になると、サポートセンターのお仕事がこの世から無くなります。

それはさておき何が言いたいかというと、昔に比べて今の時代の方が動画コンテンツのクオリティが格段に上がっているのではないか、ということです。

Amazonのレビューや記事のレビューの場合、そのシステム上購入していないユーザーもレビューを書けるそうです。(今はシステムが変わっているのかもしれませんけど)購入していないのにレビューができてしまうため、レビューにどうしてもノイズが入ってしまう構造でした。

それに対して、動画の場合はその商品の購入者の顔と声が聴けます。そこには匿名性がありません。その商品をレビューしているため「購入者」の生の声が聞けるのです。(まあ、案件動画の場合は仕方ないですけど。)

これが非常に効果を発揮したのが骨伝導式イヤホンAftershokzのAeropexを購入する時でした。今までの人生で骨伝導のイヤホンなんて購入したことなんてなかったのでこれらの商品を購入するとはいくらかの不安と心配がありました。自分にては適合しないんじゃないかとかそういうった不安ですね。その場合、レビュー系の動画を見るとある程度の心配が解決します。動画でその形状や使い方を確かめることができるためです。これが非常に便利でした。購入前にその製品の動画を見ておけば、購入後の使用感と期待度のズレがなくなります。よって、期待通りの生活をすることができました。

そんな感じで、これからは動画コンテンツの情報も頼ることができるので非常に便利な世の中になったなあとしみじみに思います。

それでは、バイバイ。

 

ABOUT ME
tamappe
都内で働くiOSアプリエンジニアのTamappeです。 当ブログではモバイルアプリの開発手法について紹介しています。メインはiOS、サブでFlutter, Android も対応できます。 執筆・講演のご相談は tamapppe@gmail.com までお問い合わせください。